メインメニュー

サブメニュー

格安航空券を上手に利用しよう

飛行機は短時間の長距離移動が可能な乗り物として、ビジネス・旅行・引っ越しなど多用途の移動手段として人気です。 唯一の難点は料金が割高という点でしたが、格安航空券が販売されるようになってからはリーズナブルな値段で飛行機に乗れる時代になりました。
ここでは気になる格安航空券の知識を学び、上手な格安航空券の入手方法を覚えましょう。 格安航空券とは通常より安く飛行機に乗れる旅行会社発行の航空券のことです。 航空会社発行の航空券にも「特割」「旅割」などの割引システムがあり、通常より安く航空券を手に入れることは可能ですが、格安航空券というジャンルに含まれるのは旅行会社発行の航空券に限られています。

旅行会社発行の航空券が格安な理由はツアー用・団体用として航空券をまとめて購入し、個別販売することで航空会社より格安の航空券を提供することが可能なためです。 ツアーのキャンセルや中止が発生しても格安で販売することで無駄無く、購入者のニーズに応えられるシステムとして人気を集めています。

◯格安航空券のデメリット
格安航空券のデメリットをいくつか挙げると
・マイルを貯めれない場合がある
・キャンセル料が高い、またはキャンセル不可
・支払い期限が短い場合がある…等が考えられます。

旅行会社によって異なるので気になる項目があれば必ず航空券を予約する前に電話やメールで確認して下さい。 便利な航空券が格安で購入出来ると、低コストな移動が可能となります。 デメリットも少ないので、飛行機に乗る際は是非格安航空券をお勧めします。